杉錦 山廃純米 天保十三 杉井酒造 1800ml瓶 [010180021310]

杉錦 山廃純米 天保十三 杉井酒造 1800ml瓶 [010180021310]

販売価格: 2,000円(税別)

在庫わずか
数量:
静岡県藤枝市にある手造り蔵です。静岡流の軽快な飲み口の中にも、余韻のある深い味わいです。

天保13年は杉井酒造さんが独立開業した年にあたり、その年号を冠したこのお酒には杉井社長の様々な考えが込められています。

掛米に使用したお米の精米歩合の78%という値は、飯米用の精米機での精米歩合の限界になり、酒造米用の精米機でこの数字に精米するよりも幾らかコストが安く付くそうです。

仕込にあたっては山廃酒母を用いて協会7号を使って醸します。活性炭は使用せず、瓶詰後に丁寧な瓶火入して貯蔵されています。

酸の高い濃醇な仕上がりですが、以外に飲み口は爽やかな仕上がりとなっています。お燗でも美味しいですが、冷やして飲むと酸にメリハリがついて、夏場の冷酒としても美味しくいただけます。

税法改正により価格が改訂されました。

他の写真

  • 静岡県藤枝市小石川町4−6−4
    株式会社杉井酒造
    米麹(静岡県産ひとめぼれ70%)/掛米(静岡県産あいちのかおり78%)
    山廃仕込/協会7号
    活性炭不使用/一回のみの瓶火入れ
    アルコール度数15.5%
    日本酒度/酸度
    <2014/02>
  • 2005年度から挑戦の生もと造りです。日本酒造りはその行程において常に雑菌の汚染に晒されています。加えて味切れの良い純米酒を造るには、優良で強靭な酵母の存在が不可欠です。現代では乳酸を添加することにより酸性状態を作り出し、雑菌を駆逐し、優良な酵母の培養に勤めますが、伝統的な「生もと造り」や「山廃仕込み」では、天然に生えてくる乳酸菌を取り込み、乳酸が生み出されるのを待ち、酸性状態をつくります。手間も時間もかかる作業ですが、出来上がったお酒は、個性的な風味と酸を持ち、腰のある飲み口になります。ここ杉井酒造の生もとは、ひと味違う静岡流のクリーンな飲み口です。