神川酒造

有限会社神川酒造
鹿児島県鹿屋市永野田町346番地5
大隅半島中部にある高隈山系、温暖で雨が多く、照葉樹林にが生い茂る場所に、蔵はあります。
現在蔵は、小鹿酒造の研究部門という位置づけになり、商業主義に走らない、品質本意の焼酎造りに取り組みます。仕込み水には、その高隈山系の伏流水を用い、さつま芋は、小鹿酒造と同じ契約栽培農家からのもを使用します。米は、軟質なジャポニカ米を使ってます。かめつぼ仕込みを行い、常圧蒸留、一部にかめつぼによる貯蔵を行います。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4